階段と傘と歩きスマホと私

階段と傘と歩きスマホと私

umbrella image

いよいよ梅雨ですねー。ジメジメしてきてイライラすること多数なんですが、追い討ちをかけるようなことが、これ。傘の持ち方。

http://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2016/06/0604.html

引用元:www.nhk.or.jp

今朝も駅の階段で、結構危ない人がいました。

もうね、こういう人には小山慶一郎ばりに謝っていただきたい。

僕の対処法

基本僕はこの持ち方している人には近づきません。どうしても前にこういう人が前にいた時は、偶然を装って自分の傘を当てることにしてます。もちろん相手も悪気があってしているわけではないので、お互いに当たっちゃってすみません的な雰囲気で終わります。今のところ、事故を未然に防ぐにはこれがベスト。

スマホとのコラボレーション

これね、昔からこの危険性はあったんですけどね、最近輪をかけて危なくなってる気がしています。スマホのせいで。歩きスマホも十分問題になっていますよね。自転車乗りながらスマホ見てて起きた事故もあったと思います。

今朝見かけた人も、スマホ見ながら、傘振り回しながら、イヤホンつけながら、階段登ってました。個人の自由だからいいんですけどね、周りに迷惑さえかけなければ。言ってる僕も、人通りが少ない場所ではイヤホンつけながら、歩きスマホする時もあるし。

ただ、このスマホのせいで、ますます注意散漫。傘まで全然気が回っていない人が多い。

スマホ、すごい

確かにね、スマホってすごいですよね。電話、メーラー、ブラウザ、ゲーム、ミュージックプレイヤー、カメラ…etc.もーね、どんだけ便利なんだと。これだけ素晴らしいものでも、やっぱり使う人によって、最悪なものにならざるをえない。これだけの機能があれば、1日中にらめっこしてても飽きないでしょうよ。けどね、バカとハサミは使いようというか、使い方を間違えては、元も子もない。

本当に大事なもの

スマホの中のゲームや、スマホの向こう側の人も大事だと思います。けどね、スマホをいじってるその横で、白髪のばあさんが座れずにいることに気づいてもらいたい。スマホをいじってるその後ろで、危うく傘に当たりそうになっている子供がいることに気づいてもらいたい。

スマホのおかげで想像していた未来にはだいぶ近づいたけど、それを使う人はまだ追いついてないんじゃなかろうか。歩きスマホのせいで、子猫を蹴飛ばすまで気づかないような未来でいいんだろうか。僕には甚だ疑問である。

自分に子供が生まれてから、よく思うんですが、子供やら妊婦やらお年寄りってのは、一人じゃなくて、周りの人間みんなで守って行くべきな気がしてます。

何事も、ほどほどに。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ぼやきカテゴリの最新記事