コスパ最強のアウトドア ローチェアを使ってみた!

コスパ最強のアウトドア ローチェアを使ってみた!

camp-style-photo

梅雨ですね。この時期はキャンプも一休みの方が多いのではないでしょうか?

ちなみに我が家はこの時期は行きません。6月は連休もないですし。最初に大雨でキャンプ敢行し、後処理でだいぶ苦労した思いがあるので。

最近はキャンプにも色々なスタイルがありますね。周りを見ていると、おしゃれな方も多くて、うちのようにコスパ重視で道具を選んでいると、なかなかに気が引けます。で、その中で少し気になったのが「ロースタイル」ですね。

アウトドアの新定番、ロースタイル キャンプ

キャンプにおけるロースタイルとは、30〜40cm程度の高さのテーブルに、座面の低いチェアなどを揃えた様式ですね。地面までの距離が近い分、頭上のタープまでの空間が空き開放的に、空を広く感じられるスタイルになります。地べたにくつろぐ感覚により近いの、リラックスできそうですね。

ローチェアは子供向き

僕が興味を持ったのは小さい子供が一緒だからです。ローチェアは、子供が自分で自由に乗り降りできます。キャンプという非日常で、主体性を持って好きに遊んで欲しい、それもキャンプに行く一つの理由なので、子どもが作業しやすいロースタイルに興味を持ちました。

ただ、今から一式買い揃えるとなると、コストやら手間やらかかるので、まずは1つだけローチェアを買って試してみることにしました。

種類が豊富なアウトドア用ローチェア

とりあえずamazonでざっと探しただけでも、結構たくさんありますね。価格もピンキリです。最初から1万円オーバーは手が出せないので、とにかくコストを抑えられるよう探しました。

North Eagle(ノースイーグル) チェア ベリーローチェア ネイビー NE2312
North Eagle(ノースイーグル) (2014-02-26)
売り上げランキング: 56,774
プロックス(PROX) あぐらイス ブラック PX788S
プロックス
売り上げランキング: 8,352
キャプテンスタッグ チェア ラコンテ ロースタイル イージー チェア グリーン UC-1503
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) (2012-02-01)
売り上げランキング: 622

で、とりあえず僕はキャプテンスタッグのローチェアを買ってみました。大きさや重さは買いてある通りで、特にイメージが異なるような点はありませんでした。まぁレビューで色々書かれている部分はありますが、値段も値段だし、当たり外れがあると思うのでおおらかな気持ちで、細かい点は気にしないことにします。ただ、収納時も他の座面の高いチェアと比べても、同じような大きさかーってのが所感ですね。背も低い分、コンパクトだと嬉しい。

ローチェアを使って見た!

実際に1泊2日のキャンプで使ってみました!狙い通り、子供は自由に立ったり座ったりできるし、重心が低いので倒れるようなこともなくて、良いと思います!ただ、やっぱり大人サイズなので浅く座るしかないですけどね。深く座ると足全部乗っちゃうような感じになるので。

で、大人の僕も座ってみましたが、一長一短といった印象でした!

 立ったり、座ったりが面倒

最近は調子いいですが、腰痛持ちにはやはりしんどい。しかも子供がうろちょろするので、頻繁に立ち上がる必要がある方には負担が大きい気がします。大人だけで落ちついて、くつろげる人にはオススメ。

リラックス感は最高

やはり地面に近い高さで、ごろ寝するような感覚に近いので開放感やリラックス感は抜群です。そのままうたた寝できると思います。これはハイチェアでは感じにくいところですね。ある程度落ち着ける時間を確保して、楽しみたいところです。

焚き火でも使って見た

夜に焚き火する時も、このローチェアを使って見ました。低い位置で仰け反る感じになるので、特に熱いとかなかったですが、薪を調整するのにいちいち上体を起こすのがやはり面倒でした。結局浅く腰掛けて、火の番をしちゃってましたね。結局のところ、僕はいつも使っている三脚の簡易椅子に落ち着いちゃってましたね。これは単純に慣れですが。

もう1点、低い分火の粉の影響が大きかったです。風向きも悪かったとは思いますが、買って初回の仕様で座面に大小の穴が2箇所空きました。。。安いの買っておいて良かった(´▽`;) おそらく、今後はここからほころびそうな予感。

ロースタイルにする?しない?

結論としては、我が家としてはロースタイルはまだ早い。もしくは、すでに遅い。やっぱり流行りだけあって、若い人向けな感じがしましたね。今は1脚あれば十分ですね。どうせ買い足すなら、ハンモックを買い足したいかな。あまり林間サイト使わないので、自立するやつ。ちょっと探してみます。

というわけで、腰が悪くない人、しっかりくつろぎタイムが取れる人、子供に自由に振舞って欲しい人には、オススメかなと思います!皆さんもぜひお試しください〜☆

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

キャンプカテゴリの最新記事