アウトドアナイフを知る!キャンプが広がる知っておきたい定番ナイフブランド4選

アウトドアナイフを知る!キャンプが広がる知っておきたい定番ナイフブランド4選

アウトドアナイフを知る!キャンプが広がる知っておきたいナイフブランド7選!キャンプを始めるとあれこれ欲しくなりますが、その中のひとつにナイフがあると思います。調理はもちろんですが、焚き火やちょっとした工作など、あると便利な場面は多々あります。いざ買おうと思っても、何を買っていいのかもわからないと思うので、まずは押さえておきたい種類とブランドをご紹介します!

アウトドアナイフの種類

シースナイフ

シースナイフとは鞘(シース)に収めるタイプのナイフです。シンプルで扱いやすく、物によっては調理や軽めの薪割りなど、幅広く使えます。

フォールデイングナイフ

フォールデイングナイフはいわゆる折りたたみできるナイフです。ハンドル部分に刃をしまうことができ、コンパクトで携帯性に優れています。

アウトドアナイフのブランド

MORAKNIV

アウトドアナイフを調べ始めたら、必ずと言っていいほど目にするのではないでしょうか。創業125年を誇るスウェーデンを代表するナイフブランドです。とにかくコストパフォーマンスが良く実用性が高いシースナイフです。こちらの「Companion Heavy Duty MG」は定番なので、選ぶのが面倒という場合は、まずはこちらで間違いないと思います。

モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty MG
Mora of Sweden
売り上げランキング: 83

OPINEL

こちらは120年の歴史を持つフランスのナイフメーカーです。フォールディングナイフの先駆けで、大きさによりますが、ロック機構もついているので安心ですね。ブレードの素材違いでカーボンスチールとステンレススチールがあるので、用途によって選べるのも嬉しいですね。
OPINEL(オピネル) ステンレススチール #9 41439 【国内正規商品】
OPINEL(オピネル)
売り上げランキング: 352

BOKER

200年以上の歴史がある、ドイツの老舗ナイフブランドです。ナイフだけでなく、包丁やカミソリなども扱っており、高級なものからリーズナブルな物まで幅広くラインナップされています。様々なスタイルのナイフがあるので、自分にあったものが選べます。個人的には最もリーズナブルな「マグナムシリーズ」が好きです。こちらのナイフはシースも革で見た目がいいのと、ハンドル全体までブレードの金属が続いているフルタングなのが好みです。
BOKER マグナム エルクハンター シースナイフ BOM
BOKER
売り上げランキング: 13,080
僕がナイフ選びの際に、迷ったブランドの一つです。雰囲気が嫌いでなければ、多様な種類から選ぶことができます。価格も比較的リーズナブルな方なので、選択肢に入れやすいと思います。こちらのナイフは、良くも悪くも重さがあるので力自慢の方はどうぞ。
SCHRADE アウトドアナイフ SCHF36
インペリアル・シュレード
売り上げランキング: 8,212

まとめ

アウトドアナイフは多岐にわたります。ナイフの素材や、刃の形や全体の機構など色々と比較するのも楽しいですね!まずは主に何に使いたいのかを良く考えて、選ぶといいと思います。とにかく便利そうだから、一本欲しい!という方にはコスパ最強のモーラナイフがオススメです。使いながら、自分の好みを探せると思います。

キャンプカテゴリの最新記事