転職したで!

転職したで!

カレンダー

5月に転職を申し出てから、3ヶ月。やっとの思いで離職&転職できました!

おめでとう、俺!長かったな〜、この3ヶ月。執拗なパワハラに耐え、よくぞ勤め上げました!今は自分を褒めてあげますw

というわけで、今回は報告も兼ね、転職までの経緯をおさらいしておこうと思います。

5月、退職の申し出

5月のGW明けに即、退職の申し出を上長にしましたね。というもの、GW前にお誘いの話があって食事がてらお話を聞きました。内容的に面白いし、条件面も悪くなかったので、とりあえず乗ることに。この時点では転職するか残留するか五分五分でした。それで、GW中に目ぼしい人材に声かけて、一緒に再度お話を聞きに行きました。この時点で8割くらいは転職するつもりでいました。紹介した人もやってみるって話になったので、あとはトントン拍子でした。条件面も希望を伝えて、OKが出て、ではよろしく、と。

ここまでは全てクチ約束で進んでいるので、正直危なっかしい状態なんですけどね。そんなに信用できない相手でもないので、その辺のリスクも背負いつつ、とにかく進める感じでした。

退職の申告で、軽めの慰留と腹の立つ全否定のお言葉をもらいつつ、とにかく申告はしたことをハッキリとさせておきました。口外するなとのことでしたが、後で「聞いてません。」とか言い張られて、シラを切られても困るので日時と内容がわかるようなものは残しておきました。あと、何気なく総務関連の人にも話はしておきました。まぁなにかあっても会社側に付くのはわかっているんですが、人としての良心にうったえようかな、と。

6月、後任探し・採用

申告時に課題として出されたのが、後任の採用と育成でした。僕としては部下の一人を後任として推して、彼に引き継ぐっていう提案をしていたんですが、上長は任せられないの1点ばりで聞き入れませんでした。1月〜3月に採用活動もしていて、採用に至っていなかった経緯もあり、正直無理難題だということは明白でした。僕としては、ノーリスクで送り出したくないんだろうなぁ、ってくらいに受け取っていて、無理を承知で受け入れました。

採用エージェントの調査から始まったので、掲載までに1月近くかかりましたね。この辺も上からの指示なので、僕としてはこれも嫌がらせじゃねーか、って思ってましたけど。

この頃に並行して、退職日の相談がありました。帰宅では退職希望の1ヶ月前に申告とありました。一般的な考えと、管理職というポジションから短くても2ヶ月かな、と思っていました。なので、有休消化なしで、6月末で希望したんですけどね。それは却下で、早くても7月でどうかと。有給休暇の取得を条件に7月末で手を打ちました。

7月、引き継ぎ・有給交渉

結局、採用に関しては予想通り決まるはずもなく、退職日は近づいて来ました。その中でも、内定を出すまでに至った人材もいたんですが、上長との面接でかなり圧迫面接されてました。その面接で内定出されても、そりゃ辞退するわな。その辺も、後任を決めさせないっていう、僕に対する嫌がらせにすら思えましたけどね。実際どうだったのかは知りませんけど。

7月までに採用できなかった場合、おそらく後任未定に託けて、退職後もごちゃごちゃ引っ張られるであろうことは予測できていました。なので、予防策として推していた部下を勝手に後任として、引き継ぎを始めておきました。こっそりですけどね。

部下にはざっくばらんに、現状と今後の僕の予想を伝えていて、その時にこう動けよってこと話しておきました。まぁ、この予想がズバリ的中しまして、引き継いで置いて良かったなぁ、としみじみ思います。

中旬に半ば強引に有給申請しました。といっても、手持ちの有給の1/3は捨てましたけどね。予想通り、後任が決まってない、責任はどうとる、引き継ぎはどうする、採用活動の記録を全て数値化しろ、退職後は何してる、対応策を提案しろ、などなど色々な角度から詰められました。そもそも有給自体は社員の権利だと思うので、無下にはできないはずですけど。とにかくあの手この手で、何かやらせたいのでしょうね。

課題をクリアできていない点は素直に頭を下げました。代替案として、最初の提案通りできるだけ部下に引き継いでいる旨を伝えました。残りの出勤日で完全に移行できるということで、話をつけました。

そこからは、とにかく粗相のないように務めました。ちょっとでも付け入る隙を見せたら、また面倒の繰り返しになるので。これまでの上長を見て来た経験上、最悪出るとこ出るみたいな人でしたので、ホント気が抜けない。とにかく面倒が起きないよう、細心の注意を払いやり過ごしました。なんだかんだ言って、この期間が一番疲れたかもしれないw 新しい職場にもこれ以上迷惑はかけられませんからね。8月以降も時間取られるようなことになったら、たまったもんじゃない。

8月、転職

7月の後半に有給を少々とりまして、8月からようやく新しい職場に勤務し始めました。まだ健康保険証もないような状態です。この有給中も前職場から連絡来たりして、気が気でない状態ではありましたが、やっとです。籍さえ抜けてしまえば、だいぶ気が楽になりますね。とはいえ、諸々の制約は背負っているので、あまり派手には動けませんがよほど表にでない限り、問題はないと思います。この辺のリスクは内包した転職ってことですね。ノーリスク、ノーリターン。はなからまともにやるつもりもない、というか、まともにばかりやっていたらいい思いできるのは、いつになることやら。

しばらくは、新たな環境に慣れるまで時間が要りますね。様子見というか、とにかくできることを全力で!がんばります。

今回の転職まとめ

これまでの転職は、単純なキャリアアップや、修行のための転職でした。デザイナーからADになったり、紙媒体からwebへの以降だったり。今回は、これまでと違ってキャリアより、労働条件の改善です。勤務時間や給与面が改善されました。転職願望はありましたが、きっかけが引き抜きのような形だったのが、気持ち的に大きく違いますね。ほんの少し後ろめたいというか、正直に全てを話せないからでしょうね。転職する多くの人は、こういう気持ちなんでしょう。これまであっけらかんと、全て話せる環境に居たということの方が、貴重だったんだろうな、と今になって思います。

先の目的地を決めたら、とにかく目の前の目標を1つ1つ、全力でクリアしていくしかないですね。頑張りましょう!

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

デザインカテゴリの最新記事