面接に必要なのは、身だしなみ

面接に必要なのは、身だしなみ

握手する男性

僕もれっきとしたおじさまなので、日々のことを綴ると仕事のことが多くなりますね。

というわけで、今日は採用のお話。

こんな私でも面接官

職種としては、デザイナー/アートディレクターですが、ガッツリ中間管理職だし、一応チームを率いている立場なので面接もします。

ここ数年採用もやってますが、面接官の立場になってみると、昔あんなに緊張する必要なかったなー、って思います。

人事担当とかいるような大きな会社なら話は違うかもですが、デザイナーの面接なんて正直知れてますからね。僕も若い頃に偉そうなディレクターとかに圧迫面接されて、心折れて泣きながら飯食った覚えがありますが、今思うとアイツはどんだけのもんだったんだろうと思います。自分の事務所とか持つと、やっぱり偉くなった気になるのかな?

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

忘れずにいたいですね。

面接で緊張するのは当たり前

自分もそうだし、これから面接受ける方にもお話ししたいのですが、面接で緊張するのは当たり前です。キャリアが長い人はだいぶ慣れがあるので、あまり表に出さないかもしれませんし、取り繕うだけの弁がたつ方も多いですが、20代の方はだいたいガチガチですよね。

僕が今まで知り合った人の中に、緊張しないっていう人が数人だけいます。本当に稀だと思いますが、誰が相手でも緊張しないんだそうです。そういう人は人懐っこい感じがしましたね。人に対して最初から壁を作らない感じ。知識の多寡とか、上下とかあまり気にしない、外国っぽいんですかね?少し悪くいうと、所詮人と人だから、って割り切っているような感じですかね。

とにかく大半の人は緊張すると思います!で、面接する側も、それは十分感じてますし、理解してます。多少言葉に詰まったり、同じこと繰り返したりしても大丈夫。ちょっと怖く聞こえるかもですが、そんな表面上のミスよりも、その奥の真意の方が重要です。あまり背伸びしすぎず、地に足のついた受け答えが一番だと思います。

所詮人と人だから、だからこそ短い時間でも信頼関係が大切だと思います。

面接で大事とされる第一印象

やはり、お互い初対面なだけに第一印象の影響は大きいです。最初に笑顔で挨拶できる方は得だと思います。コンビニとかでも当てはまると思うのですが、笑顔で接客されるのと、無表情で対応されるのでは気分が違いますよね?もちろんそれが愛想笑だとわかっていても、表向きにこやかな方が気分がいいと思います。

面接も同じですね。30分〜1時間くらいの間で、お互いどんな人か見極めるわけですから、マイナススタートが不利になるのは当然ですよね。もっというと第一印象がそのあとの話の印象にも影響することがあります。同じことを話しても捉え方が変わる感じですね。

もちろん面接官として、お話はフラットに聞きますが、第一印象は感覚的な部分が強いので、それだけ心理的な要因になりうるってことだと思います。

面接で見られる立居振舞と話し方

これね、たぶん自分にも当てはまるんですが、人それぞれ本当にクセがありますね。話し方や、ジェスチャーが顕著に現れます。僕も困ると顎を触ったり、手をもんだり、ごまかすのに色々動いてしまいますが、みてる側からするとあまり印象良くないですよね。忙しないし、困ってるの丸わかりなのでw

他にも緊張で口が渇いたり、過呼吸気味になったり、目が泳いだり、鼻息荒くなったり、声が上ずったり、自分のコンロールできない部分もあると思います。前述した緊張から来るものもあると思いますが、とりあえず落ち着いて、一呼吸入れてから返答するぐらいでいいのではないでしょうか。その方がどっしりと落ち着いて見られますし、考えている風にも見えますからw 皇族ほどとは言いませんけど、あれくらいの意識で長野いいと思います。

面接で大事なのは、何よりも身だしなみ

今日、この内容を書いてるのも、最終的にはこれが言いたいから。もうね、上の項目が全部完璧だったとしても、身だしなみがずれている人は難しい。これは緊張とかじゃなくて、その人の水準が出るから。生活・意識・暮らしぶり、つまりは仕事ぶりが現れるわけです。

デザイナーなんて、スーツを着て来いとは言わないですけど、伸びきったTシャツとダメージジーンズとかで来られても困るわけです。打ち合わせでも、面接でもそうですけど、初対面の人と会うときくらい襟付きの洋服を着るべきだし、ネクタイをしろとは言わないけど、ボタンは第二ボタンまでは閉めておくべきです。

先日面接した男性も、ジャケットは着ているのですが、シャツはしわくちゃ、裾はだらしなく出ていて、ボタンも3つくらい開けて、中のTシャツが恥ずかしいくらい見えてました。さらには爪も長いし、ヒゲも剃り残しが多く、髪も伸びきった上に、セットしてないし。いくら仕事ができたとしても同行したくないですよね。

つまりは、最低限身ぎれいにしておくべきです。逆に言えば、ある程度おめかしして身ぎれいにしていけば、中身も1.2倍くらいにはよく見えるはずなんです。これね、みんな意外と軽んじていますけど、ちょっと投資すれば誰でもできることなんで、僕は本当にオススメ。僕自身、これに気づいてからはあまり低く見られなくなった気がします。

もうちょっと詳しく書きたかったんですが、今日はこの辺でタイムアップですね。

また機会があったら、詳細追記します☆

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

デザインカテゴリの最新記事