転職しました!初日の出勤から3日。新しい環境に慣れるためのコツとポイント。

転職しました!初日の出勤から3日。新しい環境に慣れるためのコツとポイント。

会社で働く人々

やっとの思いで転職、初出勤から3日経ちました。これで4回目の転職ですが、毎回僕が行う転職後のスタートの切り方をまとめたいと思います。みなさんの転職に役立てば幸いです。

転職したら新人!最低限のマナーは守る。

転職前がどのようなポジションであったとしても、転職後の環境においては新人です。社会人として最低限のマナーは守る必要があります。当たり前ですが、時間に関しては5〜10分前行動もしますし、挨拶やお礼は今まで以上にしっかりと伝えます。雑務も進んで行うべきです。人数にもよりますが、少数であれば手土産も兼ねて軽い差し入れくらいあるといいかもしれません。下手に出るのではなく、丁寧に接する必要があると思います。

転職したら、環境の空気感を探る。

当然職場が変われば、勤務地も変わるし、機材も変わります。細かい環境の変化もありますが、僕が気にするのは周りの人の働き方ですね。前向きに取り組んでいるのか、愚痴が多いのか、笑顔があるか、雑談が多いか。そういった空気感です。変な話ですが、朝の挨拶の声の大きさとか、その辺も気にします。

なぜかというと、自分の働くペースを決める基準を探るためです。僕は純日本人だからか、できるだけ空気を読もうとしてしまいます。悪く取られるかもしれませんが、良くも悪くも突出することは避けます。後にあげる人間関係にも関係しますが、早く馴染むためにも慎重に見極めます。気張って空回りしないよう、急発進せず徐々にアクセルを踏み込む感じです。

転職したら、周りの人間関係を探る。

人間関係が一番気になる部分だとは思いますが、僕はいつも誰に対してもフラットに接するようにします。上の人にも下の人にも同様の姿勢ですね。自分のスタンスを決めてしまえば、逆にあまり悩むポイントではないと思いますが、無駄な摩擦はなるべく避けるために人間関係の観察は必要です。

嘘をついたり、話を合わせたりする必要はありませんが、話し相手と反発している人の話をあえて話す必要もないということです。3ヶ月もすれば職場の人間関係は把握できると思いますが、自分が落ち着くスペースはどの辺りなのか、よく見定める必要があります。

転職してからの自分のポジションを探る。

上記の2つから、自分が今いるポジションと、この先目指すべきポジションを探ります。自ずと自分を中心とした上下もできてくると思います。逆に避けるべきポジションも見えてくると思うし、そのモデルケースも見えてくることでしょう。要は目的のための目標を決めて、自分の力を使う方向と力量の分配を考える感じですね。

転職の理想と現実のギャップ。

結局、転職前って転職前の環境に不満があることが多いと思います。あるいは転職後の職場に少なからず期待と不安を持っているでしょう。現実はその期待と必ず合致することは少ないのではないでしょうか。おそらくは一長一短。良くなる部分の割合が多いなら転職成功でしょう。

僕の場合のメリットはこんな感じ。

  • 人間関係
  • 勤務時間
  • 給与
  • 自由度

逆にデメリットはこんな感じ。

  • 仕事の規模感
  • 安定性
  • 専門性

今回の転職に関してはQOLの向上に重きをおいています。こうやってブログを書けているのもその成果の一つです。仕事の規模に関しては、小さくなった反面、自由度が上がっているのでデザイナーとしての真価が問われる部分ですね。これまで以上に仕事の守備範囲が広がったので、ここは日々精進です。

まだまだどうなるかわかりませんが、また報告します!頑張りましょう!

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

デザインカテゴリの最新記事