万能焚き火台、ユニフレームのファイアグリルを使わずにはいられない!

万能焚き火台、ユニフレームのファイアグリルを使わずにはいられない!

ユニフレームのファイアグリルは非常にコストパフォーマンスの高い焚き火台です。ダッチオーブンやBBQも楽しめるファイアグリルは、多くのキャンパーから支持されています。今回はファイアグリルって何?という方にもわかるよう、実際に使って見た感想や、おすすめのポイントまでご説明します!

ユニフレームとは?

1985年に創設された国産アウトドア用品の総合メーカーです。

キャンプ用品は一通り扱っているイメージですね。

www.uniflame.co.jp

 

ファイアグリルって?

バーベキューにも焚き火にも対応した、リーズナブルな焚き火台です。焚き火台なのでもちろん直火禁止サイトでも使用できます。シンプルな作りなだけに、オールマイティに活躍してくれること間違いありません!

特徴1:四隅の隙間

uniframe-image

出典:uniflame

焚き火台の炉の四隅に、あえて隙間を作った構造です。空気を取り込みやすくする役割もあるようですが、個人的には熱による変形の影響が少なく済む点が高評価です。あとで触れますが、使用時に非常に高熱になるので多かれ少なかれ変形が起こります。ファイアグリルのように、収納時に重ねることを考えると高熱での歪みをどこかで逃して解消できる構造は、シンプルですが秀逸だと思います。

特徴2:炉と網の構造

uniframe-image2

出典:uniflame

こちらもシンプルですが、非常に評価すべきポイントです。バーベキューをしていると火力のコントロールが難しい場合があります。慣れた方なら、炭の量などでキチンと温度管理できると思いますが、言うほど余裕がなかったりします。炉に対して網を45度回転させてセットすることで、自ずと火力の弱い部分、保温スペースが生まれます。

また、空いた隙間から炭の調整までできてしまいます!これ、実はすっごく便利。この隙間がないと、いちいち網を持ち上げて炭を足したり動かしたりするわけですが、それで何本のウィンナーが転がっていったことか。。。そうゆう意味では、ママにも優しい設計ですね。

特徴3:収納がコンパクト

出典:uniflame

左が1台の収納時、右が2台の収納時です。単純に重ねるだけなので外寸的には変わりませんね。ただでさえ荷物が多くなるファミリーキャンプだと、ちょっとしたものでもかさばって感じます。焚き火用とBBQ用にもっていても、邪魔になりませんね。ちなみに我が家では、ファイアグリルは主にBBQに使用しています。ご飯の後の焚き火にも使えますが、焚き火を楽しむのは私だけなので、ツーリング用のコンパクトな焚き火台で十分楽しめています。

 

特徴4:オプションが豊富

uniframe image3

出典:uniflame

写真はハンガーで、トングなどをつるすことができるようになります。他にも調理用の鉄板やプレート、ダッヂオーブンの架台にもなるヘビーロストル、焼き網を安定して持ち上げるハンドルなど、ラインナップが豊富です。

ファイアグリルを買って見た!

package01

package02

パッケージにも書いてありますが、組み立てはとっても簡単です。足をひねって開いて、炉とロストルを乗せるだけ。BBQならさらに網を乗せれば終了。足の開き方にコツがいるって言う人もいるようですが、最初の一回だけだと思います。構造さえわかれば何も問題ないと思います。組み立てが苦手な妻も1回組み立てたら覚えましたし。開く方向に矢印のシールが貼ってあるので、苦手な方でも安心です。ただ、このシールは運搬時に擦れたりしてすぐに剥がれましたが。それでも問題ないレベルで簡単です。

ファイアグリルを使って見た!

実際使ってみると、やはり便利です!我が家では、BBQ時に便利さが発揮されました。3歳児が一緒だとご飯も落ち着いて食べれませんからね、焦がさないように保温ができたり、時間が経って炭を入れ替えたりと、ファイアグリルの利点が存分に発揮されたと思います。我が家のファイアグリルはラージサイズではありませんが、3人で余裕のスペーシングで使えました。

焚き火台として使って見た!

fire image

食事の後、ファイアグリルで焚き火もしてみました。焚き火台としても、何も問題なく使えました。ただ今まで使っていたsnow peak風の模造品とくらべると、炉がフラットなので薪の置き方、組み方の工夫ができるといいかと思いました。

snow peakのような形だと、薪を放り込んでも勝手に角度がつくので燃えやすいと思います。直火感覚で薪を組んで燃やす楽しみが増えると言う点は焚き火好きにはポイント高いのではないでしょうか。

感想

ユニフレームのファイアグリルは、snow peakの焚き火台とよく比較されることがるようですが、個人的には下記3点からファイアグリルがおすすめですね。

  • コストパフォーマンス
  • 比較的軽い
  • BBQでの使い勝手

snow peakには一生物として育てていく楽しさや、何と言っても格好の良さなどがありますが、初心者からヘビーユーザーまで万能的にこなせるファイアグリルは、私のお気に入りの一つです!

ユニフレーム UNIFLAME ファイアグリル 683040
ユニフレーム
売り上げランキング: 461

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

キャンプカテゴリの最新記事